電池材料事業

研究開発

系列会社の紹介

研究所紹介

エコプロBMは絶え間ない研究開発を通じて、二次電池に関連した核心技術の競争力を強化しています。

エコプロBMのR&D

正極材は電池の電圧、エネルギー密度、寿命、出力などを決定する核心素材で、二次電池を使用する用途によって要求される性能を満たすために、ニッケル(Ni)、マンガン(Mn)、コバルト(Co)、アルミニウム(Al)などを適切に組み合わせることが大切です。また、正極材が優れた特性を持つためには、粉末粒子のサイズが小さく均一でなければならないなど、前駆体の性能も非常に重要になります。したがって、前駆体-正極材の一括生産体制を整えた企業であるほど競争力を持っていると言えます。

エコプロBMは、前駆体から正極材まで全工程の合成技術を有しており、ハイニッケル(High Nikel)系超高容量正極材を主力として技術を開発しています。また、高容量正極材の安定性と高出力などの高性能の特性を確保することによって、電動工具や電気自動車(xEV)など様々なアプリケーションに適用できる要素技術を開発しており、高品質製品のための量産工程の設計技術開発を通じて品質のバラツキを最小化しています。

R&D投資と人材

R&D投資

R&D人材

R&D分野の概要

前駆体の合成技術開発

高密度前駆体を製造するために、様々な前駆体の合成技術を開発

高容量NCA技術開発

容量の限界に関する問題を克服し、価格競争力を備えた次世代正極材を開発

高安定性CSG技術開発

寿命と安定性に優れた濃度勾配型コアシェル(CSG, Core Shell Gradient)を開発

量産化技術開発

量産工程の技術力を確保し、品質と生産の安定化を確保